電子書籍『鉄道未完成路線の落ち穂拾い 岳南鉄道西部線』


 本日より「電子書籍」の試験販売を始めました。PDFファイルにまとめた記事を、私のホームページで直販しています。
 第1弾は鉄道未完成路線の落ち穂拾い 岳南鉄道西部線です。ある意味では昨年8月に出した単行本『鉄道未完成路線を往く』の続編になります。久々にボリュームのある未成線記事を書くことができました。
 岳南鉄道静岡県東部の富士市内を走る地方私鉄ですが、もともとは沼津から富士宮方面に延びる鉄道路線として構想されていました。本書では、幻に終わった構想の一部分である西部線日産前(現・ジヤトコ前)〜入山瀬間の予定経路をたどるとともに、富岳南麓を貫く鉄道構想の歴史を探ってみました。

 いちおう『鉄道未完成路線を往く』の続編的な記事ですから、本来は紙の本や雑誌で発表したかったのですが、何分にも企画が通らない状況でして(苦笑)。そんなこんなで、このような形態での販売になりました。
 単なるPDFファイルを「電子書籍」といっていいものかどうか微妙ですし、直販という手段も含めて商業的に通用するかどうか分かりません。ただ、内容に関しては紙の本や雑誌に寄稿している記事と同等なものに仕上がったと思います。

 このような形態での発表に違和感を覚える方もおられるかもしれませんが、企画が通らないからといってネタを塩漬けにしておくわけにもいきません。「これからの時代は電子書籍!」らしいですし(笑)、ご理解いただければ幸いです。

※購入ページはこちら

※追記(2012年7月12日1時20分):うっかりして目次を書くのを忘れていました(汗)。目次と主要見出しは以下の通りです。

岳南鉄道西部線路線図
岳南鉄道西部線を往く
  左富士信号所〜日産前駅〜新吉原駅
  新吉原駅〜新追分駅
  新追分駅〜宮川町駅〜伝法学校前駅
  伝法学校前駅〜中桁駅
  中桁駅〜久沢駅〜入山瀬
富岳南麓を貫く鉄道構想の変遷
  東海道本線の開業を機に計画された 鉄路から外れた地域を結ぶ馬車鉄道
  富士馬車鉄道に続いて浮上した 沼津方面に延びる鉄道整備構想
  新線と新駅の開業で馬車鉄道が消滅 根方街道への延伸計画も水泡に帰す
  再浮上した鉄道計画は競願の末に中止 東海道本線に接続する専用鉄道は実現
  戦時体制の「大風呂敷」転じて 専用鉄道を活用した路線が開業
  西部線は未着工のまま消滅 青葉通り新線も具体化せず
  貨物廃止で現行路線も廃止の危機 公的支援充実が存続の鍵となるか
ちょっと寄り道 終着駅の先に残る沼津延伸構想の名残